研究日誌


2021.11.29

上着なしの冬、やっぱ無理かも。さむい。



先週の実験の続き作業その1。

これまでは発生が通常タイプと違う(実験できない)個体は残していなかったのだけど、前回の日誌に書いた「境目の見極め」訓練として、今回はそのまま温め続けてみた。なので、それらも合わせて作業。

これに意味があるかはわからないけど、グラデーションを感じとれる目になりたい。



今週の論文紹介セミナーでは、トカゲのしっぽの話を聴いた。

再生したトカゲのしっぽは元のしっぽと同じ構造にはなっておらず、それを同じにするためには?という研究だそうだ。脱出システムの再生、かぁ〜。トカゲに思いをはせたことはほとんどなかったので楽しかった。

サンショウウオは、元と同じしっぽを再生できるらしい。肢も心臓も眼も。



研究室も研究分野も違う人と会ったときに、いきなり話し始めてくれたのが「今考えている研究アイデア」のことで、やぁ〜こういうの最高だな〜って心の中ニコニコで聴いてた。

なんというか、必然性がない場面(ミーティングとかじゃなく研究の話をするとは限らない場)でするりと研究の話をしてくれる人とか、研究の話をするためにわざわざ話しかけてくれる人がいると幸せな気分になる。

ということは、研究の話をしたいと思われる人になれたら幸せになりやすくなるってことだよねぇ。なりたいねぇ。やっぱ要勉強だよな。



2021.11.27

今年の冬はダウンジャケットなしで乗り切ろうと企んでいる。マフラーと強いヒートテック的なもので、いけるだろうか無理だろうか。

高校生時代、なぜかコートを着ないでセーター2枚重ねとかで過ごしていたんだよな。てのをふと思い出して、今は厚着しすぎなのではという気持ちになってきたため。



寝起きでスマホを見たら、なんと論文アクセプトのお知らせが届いていた。えっ...!?と驚きつつ二度寝してしまったけど、夢じゃなかったよかった。

研究日誌でもTwitterでもずっとうだうだうじうじ書いてた(←読み返すと恥ずかしい)、あの脳サイズ論文であります。改訂内容的に査読第2ラウンドは免れないと思ってたので、エディターからのリクエストすらないアクセプトメールで拍子抜けした。いいのかな。

Associate Editorが「よくがんばったね!」的なコメントをくれていて、少し報われた気持ちになった。この投稿については、エディターとレビューアーに恵まれたと思う。



はじめての単著論文 & はじめての進化分野雑誌だ。

単著論文にはなんとなく憧れがあったけど、私はこれまで共著者の方々に救っていただくパターンが多かったので、これは心細すぎかもしれない...と思い続けてた(特に改訂中)。また書く機会はあるんだろか。

進化分野雑誌に投稿したことについては、この論文がターニングポイント的なできごとになる象徴みたいに思ってたけど、ばさっと広げた風呂敷を最終的にはちっちゃくちっちゃくちーっちゃく折り畳むことになったので、まだターニングはしきれなさそう。次こそは華麗なターン(もはやなんのことかわからないが)きめたい。



ニワトリ胚実験は無事に終わった。来週まで結果待ち。

今練習しているのは、レチノイン酸を染み込ませた小さなビーズ(ほんとに小さい)を胚の肢芽に差し込んで、その後しばらく発生を進めてから肢の形の変化を見る、という実験。

今回やっててふと気づいたんだけど、卵を開けて胚の様子を顕微鏡で見た時に「正常」と「異常」がある程度はわかるようになったんだな。まだかなり解像度粗いと思うので、もっと意識的に観察をすると & 発生についてちゃんと勉強すると、境目がさらにクリアに見えるようになるのかもしれない。見えたい。

軟骨染色をした胚の無目的観察も、やろうやろうと思いつつやってないのでやろう。



12月前半にプレゼンが集中しているから、そろそろスライド作りウィークが始まるー。



2021.11.24

起きにくくリズム掴みにくい朝だった。なんとか支度して家を出たらマスクつけてないじゃんってなって家戻って、とか。スムーズでない。

それにしても、いまだにマスク忘れるなんてことがあるのかー、とびっくりする。



夕方、ラボから研究所へ移動してセミナー参加。これ↓です。

FRIS/TI-FRIS Life Science Seminar 2021-2022

ほわー、すげー、ってお話だった。こういう方向の生物模倣もあるんだなぁ。どの軸を選んで似せてくのか、という多様性について考えたことなかった。



ひさーしぶりにオンサイトで講演を聴きながら、オンラインセミナーに参加する時にもプロジェクターで壁に大きく映して視聴したほうがよかったりはしないかねぇと考えた。身体の使い方がだいぶ違うような。

いまねぇ、家にちょうどいい壁があるんだよねぇ。



ゲノム解析トレーニング、今日は気づいたら5時間くらい経ってた(の割には全然進んでない)。ある程度時間を決めてやらないと延々やっちゃってよくないな。

うーん、いつかはやるんだからいいっちゃいい気もするけど、どうなんだ。長時間やるのはいいとして、のろのろずるずるとやっちゃうのがよくないのか。ここでやめたら忘れそうって思ってしまって。



あとはー、またしばらく放置してしまってたオオミズナギドリ個体群構造論文を再開した。年度内には投稿できたい。

考えないようにしてたけど、ここまでくるともう2021年も主著論文ゼロで決まりですよね...。少なくともキングペンギン論文は出せるだろうと思ってたので(だって正月に投稿したから!)じんわりと落ち込んでいる。

やー、がんばろ。



明日はニワトリ胚実験をするので、なんとなくそわそわ。